読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

排出が大事!

腸内環境を正常に保つためには、食べるだけではなく排出すると言うプロセスも重要です。そのためには食事を心がけるだけでなく運動を心がけることが大切です。また有酸素運動を繰り返すことによって下半身のインナーマッスルを鍛えることができ普段から排出する力を強化することができます。今現在私はもう定年を迎えていますが、50代で食生活や生活習慣を改善し、腸内環境の大革命に成功しました。当時大嫌いだった野菜やヨーグルトを積極的に食べるようにし、毎日1時間半の運動を心がけました。そういった生活習慣を繰り返すことによっておなかの中がすっきりし腸内環境が改善されたんです。また長年悩まされていた痛風や花粉症も大きく軽減されましたよ。さらに健康力を底上げすることができ、今では病気知らずの状態を維持することができています。

筋トレはぎりぎりがポイント

筋トレをするにも筋トレの期間も長期間かかってしまうため、長期的に続けられるような筋トレや食事の様子を考えて行いましょう。では向き向きになるためにはどうしたら良いのかと言うと、先ほどお伝えしたように長期間かけて筋トレを行う。筋トレと言うとひたすら腕立て伏せや腹筋運動などをすることをイメージしますが、それだけではいけません。向き向きになるためにはたくさんの重い負荷をかけて少ない回数で筋トレを行うことが大切です。腕立て伏せや腹筋運動のような自重トレーニングでは、負荷をかけるのが難しいため、ダンベルやバーベルなどの器具を使って重さを利用しながら行うトレーニングがベストです。なお、負荷をかける際はギリギリ述懐ぐらいできる重さで筋トレをするのがオススメです。

子供の能力

私は昔から信じていました。子供として存在やそこらで、好きな電車の名前や恐竜の名前、アニメのキャラクターの名前などはたくさん覚えてしまいますよね。こんな集中力と記憶力が、標準装備されているなら、興味さえ持てば「大抵のものは覚えられるはず」と信じていました。本当に手前味噌な話になりますけど、うちの子供の場合、興味を持ったものは「元素記号」だったんです。まだ、たった8歳ですよ。なのに、中学の教科書で出てくるような元素記号の一覧をほとんど覚えてしまっているんです。びっくりですよね!私の頭を引き継いだとは到底思えないくらいです。本当に子供の能力って凄いですね。

家族で行ける低コストでエンジョイできる外遊のキーポイント

向こうでの保証・無事を確保する為に、ファミリー向けの都合の良いツアーパックがあります。とりわけ子ども連れの時は、見知らぬ土地で起きるごたごた嫌なものですし、頼れるサービスがあれば随分安心な筈です。同行する子どもが低年齢のケースでは、やたらと時間のかかる移動は良くありません。加えて、時差ぼけが極力小さい所をピックアップすると体調を崩さずに済むのではないでしょうか。旅行先における過ごし方も勿論気になる所ではありますが、着くまでについても問題なく過ごせる様な工夫をしましょう。家族連れで海外への旅行に行くとなると、どうしてもあれもしたいコレもやりたいと欲をかいてしまう方が多いです。折角の旅の空でストレスばかり蓄積しててしまわないように、上手に旅行プランを事前に作りましょう。家族全員でエンジョイすることこそがなにより大事なのです。

運動やストレッチは大事

仕事やほかの運動をする前には必ずストレッチをしましょう。筋肉やスジをゆっくりと伸ばし、基礎代謝を上げていきましょう筋力トレーニング(無酸素運動)…筋肉量が少ないと、エネルギーを生み出す量も少なくなります。つまり、筋力トレーニングで筋肉をつける(筋量を増やす)ことにより、エネルギーを生み出す量が増え、代謝が上がります。楽にできるトレーニングでは筋量は増えません。「キツイ、これ以上できない」という状態まで行うことが大切です。
有酸素運動…筋力トレーニングで筋肉をつけると、より有酸素運動の効果が高まります。有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳など、酸素を取り込みながら行う運動のことです。踏み台昇降有酸素運動)を行ったら、スクワット(無酸素運動)をする、など、有酸素運動の合間に筋力トレーニングとはさむと、さらに効率よくエネルギーを燃焼させることができます。これを、「サーキット・トレーニング」といいます。サーキット・トレーニングのポイント…1種目30秒ごとに区切って行い、有酸素運動無酸素運動の間に休憩をとらないことがポイント。持続して負荷をかけることで、筋力と同時に全身の持久力がアップします。そのため、筋力トレーニングはスクワットや腹筋・背筋のような負荷の軽いものを行うのがよいですよ!

ゲームアプリ

実はゲーム自身もスマートデバイス向けアプリと、ゲーム専用機タイトルは、明確に切り分けて設計すると話している。誰もが知る任天堂のキャラクターならば、アップルやグーグルからの推薦を受けて、アプリケーションのストアで強力なプッシュを受けられる可能性が高いのも事実。任天堂IPならば、世界ヒットにつながるだけの耳目を集めることは容易だろう。しかしながら、目論見通りに任天堂の本業である”ゲーム専用機”のプラットフォームへと橋渡しできるかは、今回の発表だけではわからない。たとえば、任天堂スマートデバイスでは低い課金率に抑え、ゲーム専用機向けに送客する仕組みを上手につくればつくるほどに、あのアップルやグーグルの目からは”プラットフォームへのタダ乗り”に見えるかもしれない。スマホアプリの流通は、プラットフォームの胸先三寸でルールが変更され、それに対して文句をいうこともできない"怖い世界"だ。また、数億人クラスのコミュニティに成長させるモバイルアプリとなれば、サーバ側の維持管理コストが問題になる可能性がある。コミュニティ規模が大きくなるほど、これらのアプリへの課金率は明確に下がる傾向にあり、それは元より射幸心を煽って課金させるそれはビジネスモデルを潔しとしないと公言しているそうです

ココナッツオイル

私の職場の同僚で、奥さんが「ココナッツオイルにはまっていて」毎朝、奥さんと一緒に飲んでいる。という人がいます。それだけなら健康に良いわけだし、いいことなんじゃないの?夫婦仲もいんだね。ということになるんですが、1つだけかわいそうなことがあって、その同僚は子供の頃から「ココナッツオイルの匂いがダメ」なんだそうです。ココナッツオイル特有の甘い香りが、毎朝お湯に特化された状態でマグカップに入れられて目の前に出されてくると、油が溶け込んだお湯の舌触りと特有の匂いで「具合が悪くなってから出勤」ということになるんだそうです。この話を聞くとさすがにちょっとかわいそうだなぁ…と思います。